はじめてのFX−外国為替証拠金取引


03.外国為替市場って何処にあるの?


市場という言葉を聞いたときに
どんなことをあなたはイメージしますか?

鶏肉、豚肉、牛肉とお肉を仕入れに肉屋さんが行くのは肉市場

魚がずらりと並ぶお寿司屋さんや魚屋さんが仕入れに行くのは魚市場

世界には色々な国の通貨があって、
その異なる通過と通貨を交換(売買)

するのが『外国為替市場』といいます。


肉市場と魚市場は『外国為替市場』とは大きく違う部分があります。

お肉やお魚を買いに行くときは
お肉やお魚を取り扱っている場所を
知らなければいけませんよね?

でも『外国為替市場』には住所がありません。

お金とお金を交換する銀行や金融機関は、
世界中にあるけれども
電話やインターネットを
介して取引をしているからです。


このように取引を行う参加者同士の繋がりを
『外国為替市場』と言います。


『外国為替市場』ではある決まった場所で
行っているわけではないのです。

 

『外国為替市場』の取引の大部分が銀行なので、

インターバンク市場(銀行間市場)とも言います。


一般個人が『外国為替市場』に参加する場合は、
市場に参加している
銀行や金融機関から取引をします。
 

トレードをする個人投資家や一般消費者(例えば海外旅行に行く旅行者)、

企業とインターバンク市場に参加している取引を対顧客取引と言います。

銀行から見ると個人投資家や自分たちは、
顧客(お客様)という
扱いになるんですね。



04.円高・円安って?

 

inserted by FC2 system